スポンサーリンク
Pocket

短い春が終わり、これから初夏に入るシーズン。どのようなアイテムをファッションに取り入れたらよいか迷ってしまうという方も多いでしょう。

そんなときは、オフィスカジュアルにも使うことができ、またプライベートでも着ることができる「開襟シャツ」がおすすめです。

今回は2018年の夏のファッションに取り入れたい、おすすめの開襟シャツを3着紹介します。気になる商品がある方はぜひチェックしてみてください。

1.【ウィゴー】開襟無地ネルシャツ

まず紹介するのは、古着屋でお馴染みのウィゴーのオープンカラーシャツです。この開襟シャツは、値段もトップレベルにリーズナブルな一着です。

柄物はオフィスなどでは悪目立ちしてしまうこともあるので、ここは大人らしく無地のシャツをチョイスしましょう。

中のTシャツの色を変えるだけで見え方が変わるので、ぜひ一着は持っておきたいアイテムです。今期のトレンドの開襟シャツを、まずはお試しで1回着てみたいという方にはとくにおすすめです。

2.【Valletta(バレッタ)】長袖オープンカラーシャツ

次に紹介するのは、Valletta(バレッタ)の長袖スタンドカラーシャツです。Valletta(バレッタ)はSHOPLISTなどでも取り扱いがありますが、今回はユーザーが多いAmazonの商品リストをご用意しました。

最近ではメンズの方でも、夏のスキンケアには気を付けたいという方も多くいるでしょう。そんなときに夏だからといって半袖を着るのではなく、長袖を選んでみるのも良いかも知れません。

また、スタンドカラーなので、シャツのかっちりとした感じに程よい抜け感を醸し出すこともできます。休日のデートにも使える一着なので、ぜひチェックしてみてください。

3.【MONO-MART(モノマート)】スーツ地オープンカラーシャツ(オーバーサイズ)

最後に紹介するのはモノマート。モノマートは、低価格ながらもトレンドを取り入れ、クオリティも両立したアイテムを取り扱っているショップです。

コストパフォーマンスを意識しながらも、良質な開襟シャツが欲しいという方にはとくにおすすめ。流行りのオーバーサイズまでも取り入れられています。

2018年の2大トレンドであるオープンカラーと、オーバーサイズにしっかりと乗っていきたい、ファッションのアンテナが敏感な方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は夏におすすめなファッションアイテムとして、3着の開襟シャツを紹介しました。それぞれのブランドなどで、作りが異なるので、興味のある方はリンクからチェックしてみてください。

紹介したシャツは全てAmazonでも取り扱いがあります。日頃Amazonで注文する方は、めんどうな登録がないので、簡単にオーダーすることができます。

また、今年は開襟シャツことオープンカラーが流行の兆しを見せているので、今のうちから1着は持っているとコーディネートの幅が広がるでしょう。これからの暑いシーズンは、ぜひ開襟シャツで快適に過ごしてみては。

スポンサーリンク
おすすめの記事